「モロサレド」とは

大学生ブロガーのばすていが、エンタメ企画や旅行、ガジェット、音楽の記事を配信しています。読み物として楽しめるサイトですので、ぜひたまに覗きに来てください。

詳細はこちら

【レコード】宇多田ヒカルの全アルバムがLPで再販してるぞ! これは買わなきゃ損する

音楽
スポンサーリンク

2022年、宇多田ヒカル待望のニューアルバム『BADモード』が発売されます。


Amazonより引用

2018年に発売された傑作『初恋』から4年。日本の音楽シーンを牽引し続ける宇多田ヒカルが8枚目のオリジナル・フルアルバムを発売決定!


映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の主題歌に起用され、レコードが飛ぶように売れた楽曲「One Last Kiss」も収録。


日本の音楽史に残る名盤『First Love』で世間に衝撃を与えてから約23年。当時のファンからも、今の若い世代からも愛され続けている宇多田ヒカル。


こういうミュージシャンってあんまりいないんじゃないですかね。



発売日 : [デジタル配信] 2022年1月19日
    [CD] 2022年2月23日
    [アナログ] 2022年4月27日

収録曲 :

  1. 「BADモード」
  2. 「君に夢中」(TBS系金曜ドラマ「最愛」主題歌)
  3. 「One Last Kiss」(映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』テーマソング)
  4. 「PINK BLOOD」(アニメ「不滅のあなたへ」主題歌)
  5. 「Time」(日本テレビ系日曜ドラマ「美食探偵 明智五郎」主題歌)
  6. 「気分じゃないの」(Not In The Mood)
  7. 「誰にも言わない」(サントリー天然水CMソング)
  8. 「Find Love」(「brand SHISEIDO」グローバル・キャンペーン「POWER IS YOU」キャンペーン・ソング)
  9. 「Face My Fears (Japanese Version)」 / 宇多田ヒカル & Skrillex(ゲームソフト「KINGDOM HEARTS III」OPテーマソング)
  10. 「Somewhere Near Marseilles ーマルセイユ辺りー」
  11. 「Beautiful World (Da Capo Version)」(映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』テーマソング)
  12. 「キレイな人 (Find Love)」
  13. 「Face My Fears (English Version) 」/ Hikaru Utada & Skrillex(“KINGDOM HEARTS III” Opening Theme Song)
  14. 「Face My Fears (A.G. Cook Remix)」


スポンサーリンク

過去のアルバムが全てレコードとして再発売!

ニューアルバム発売に合わせて、過去作すべてがレコードとして再発されます!


1stアルバム『First Love』から新作『BADモード』までの全8作品がアナログレコード(LP)として発売されます。


1stアルバム『First Love』

主な収録曲 : 「Automatic -Album Edit-」「First Love」「Movin’ on without you」


1999年リリース。15歳の若さで作り上げた金字塔。


全世界で991万枚以上を出荷した、とんでもないモンスターアルバムです。


日本で一番売れたアルバム。


R&Bと歌謡曲を融合したような、今までになかった新しい音楽性を生み出すことに成功しており、『First Love』で日本の音楽シーンがまるっきり変わったともしばし言われる。



2ndアルバム『Distance』

主な収録曲 : 「Wait & See 〜リスク〜」「Can You Keep A Secret?」「Eternally」


2001年リリース。累計売上枚数は日本歴代アルバム売上枚数第4位。トップ5に宇多田ヒカルの作品が2枚あるってとんでもないですね。


また、初動売上歴代1位を記録。



3rdアルバム『DEEP RIVER』

主な収録曲 : 「SAKURAドロップス」「traveling」「光」

2002年リリース。歴代初動売上5位を記録。


「10代の終わり、自分のなかに明確にシンガーとしての自覚が芽生え始めた時期に制作された作品」であると語っています。


病気や9・11テロ事件、意識の変化を経て、暗いマイナー調の曲が多く、歌詞はより内省的な方向へと向かっています。



4thアルバム『ULTRA BLUE』←初アナログ化

主な収録曲 : 「COLORS」「Keep Tryin’」「誰かの願いが叶うころ」


2006年リリース。自己を見つめなおして理解し表現するという音楽制作スタイルは、本作で頂点を迎えます。


宇多田は、今までは「自分を隠そう、他人に自分を見せないようにしよう」という気持ちが強く、それが作品にも表れていたというが、本作の制作では「初めて自分を見せよう、自分の良い部分も悪い部分も全て認め、表現することが出来た」という。

そして、以前までなら使われなかったような言葉や表現も、本作では様々なところで用いられている。

Wikipediaより引用


音作りにおいても試行錯誤が見えます。テクノっぽい曲やアコギの静かな曲など、「宇多田ヒカルってやっぱりすごいのなー」と思える一枚。



5thアルバム『HEART STATION』 ←初アナログ化

主な収録曲 : 「Beautiful World」「ぼくはくま」「Prisoner Of Love」


2008年リリース。ほぼ全ての曲が宇多田ヒカル自身による作詞・作曲・編曲・プログラミング。


制作に際して「ポップで、あまり凝ってなく、楽に聴ける感じ」のものをつくるべく、「やわらかくてシンプルな曲作り」を意識したとのこと。

Wikipediaより引用


人間として、そしてシンガーとして成長し、一皮むけたが故に生まれたアルバムであると私は思っています。


特に私が好きな曲は「ぼくはくま」。この曲を制作したことで宇多田ヒカルは『ULTRA BLUE』までの心境から『HEART STATION』へと変化したと語っています。



6thアルバム『Fantome』 ←初アナログ化

主な収録曲 : 「花束を君に」「道」「桜流し」「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」


2016年リリース。活動休止後初のアルバム。出産や母(藤圭子)の死を経験し、新たなフェーズへ到達した名盤。


本作は、プライベートな喪失の痛みを普遍的なポップソングに昇華している点などが評価され、第58回日本レコード大賞では最優秀アルバム賞を受賞し、またCDショップ大賞なども受賞した。

大衆的にも成功をおさめ、オリコンランキングで4週連続1位を記録。

Billboard Japan Hot Albumsでは2016年度年間首位を獲得したほか、CD出荷枚数と配信売上の合算でミリオンセールスを記録した。

このように本作は名実ともに2016年を代表する作品となっている。

Wikipediaより引用


椎名林檎とのコラボ曲「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」や、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』主題歌「桜流し」、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌「花束を君に」など、とにかく名曲揃いの素晴らしいアルバムです。


すごい主観的ですが、宇多田ヒカルのアルバムの中だとかなり好きな作品。



7thアルバム『初恋』

宇多田ヒカル / 初恋 (完全生産限定アナログ盤) (アンコールプレス盤) (メガジャケ付) [Analog]

主な収録曲 : 「初恋」「あなた」「Forevermore」


2018年リリース。非常にクオリティーの高い名作。優しく柔らかな曲が多い印象。


2018年の宇多田ヒカルにしか表現できない詩と音楽であると強く感じます。


宇多田ヒカルの音楽性は徐々に変化していっているように感じるのですが、その時々にその時点での最高点を叩き出しているように見えます。



8thアルバム(NEW)『BADモード』

主な収録曲 : 「One Last Kiss」「君に夢中」「PINK BLOOD」


2022年、いよいよニューアルバムが発売。


「君に夢中」や「One Last Kiss」など、大好きな曲がたくさん収録されていて非常に楽しみです。



たぶんすぐにプレミア価格になる

『One Last Kiss』のレコードは発売から1年近く経ちましたが、現在では中古でも定価以上の値が付いています。


近年は一部の若い世代の間でアナログレコードが流行しており、需要がどんどん高まってきています。


私も若い世代のレコードファンです。


幅広い世代から愛される宇多田ヒカル。たくさんの人がレコードを欲しています。


特に1stアルバム『First Love』のレコードは需要が高く、現在1万円以上で取引されています。


少しでも興味がありましたら、定価で買えるこの機会に購入することをおすすめします!


中でも注目のアルバムはこれ

おすすめ1 『First Love』

一家に一枚『First Love』。


我が家では、お互いが持っていることを知らずに家族全員がそれぞれ購入したため、家に何枚も『First Love』のCDがあります。



おすすめ2 『Fantome』

今回、初アナログ化です。


ファンからの人気が非常に高いアルバムであり、「初めて宇多田ヒカルを聴くなら『First Love』と『Fantome』の2枚を聴いておけ!」というくらいの代表作。



おすすめ3 『初恋』

宇多田ヒカル / 初恋 (完全生産限定アナログ盤) (アンコールプレス盤) (メガジャケ付) [Analog]

こちらもファン人気の高い一枚。


記事執筆時点で予約枚数に到達して予約不可の状態になっているのですが、もしかしたら再販あるかも…………と願っております。



という感じでございます。皆様もぜひ購入してみてはいかがでしょう!

音楽
スポンサーリンク
この記事を書いたライター
ばすてい

2003年生まれの大学生。
初めての自炊でオムレツを作って食中毒になりました。

役に立たない不真面目な記事や、音楽、旅行、ガジェット系の記事をよく書きます。

ぜひフォローもお願い致します!
モロサレド

タイトルとURLをコピーしました