「モロサレド」とは

大学生ブロガーのばすていが、エンタメ企画や旅行、ガジェット、音楽の記事を配信しています。読み物として楽しめるサイトですので、ぜひたまに覗きに来てください。

詳細はこちら

switch版トモコレは、いつ発売なのか。データから見る予想【トモコレ最新作】

ゲーム
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

※今回の記事は、あくまで「発売されない理由は何だろう」と考えてみることに主眼を置いた、ゆるいブログ記事です核心的なリーク情報などの記載はありません。あくまでエンタメ的要素として、発売を待ちわびるもどかしさの共有といった見方をしていただけると幸いです。


どうもでございます。

ばすてい(@morosaredo)です。


NintendoSwitchが発売されて、はや数年。

ポケモン最新作も発売されたし、どう森最新作も発売されました。


私も「あつまれどうぶつの森」で日々スローライフを楽しんでいます。


メジャーなタイトルはみんなswitch版が発売されたのではないでしょうか。

マリオも、ゼルダも、みんなswitchにやってきました。


いや、トモコレは?


小学生の頃。何となく友人から借りてみたDS版トモダチコレクション。


家に帰って、初めてプレイしてみたときに体験した衝撃と感動

あの青春をもう一度…。


ちなみにその後カセットを無くしてしまい、新品を弁償して返した。

これも青春(最悪)。


にしても、一体どうなっているのでしょうか。


「あつまれどうぶつの森」も「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド2」も、発売の前から開発の噂が聞こえてきましたが、トモコレに関しては一切そういったことがありません。


switch版トモダチコレクションは果たして発売されるのか。


今回は、様々なSNSで飛び交っている憶測や推測をまとめるとともに、過去のデータも参照して「switch版トモダチコレクション」の発売時期を徹底予想してみたいと思います。



スポンサーリンク

過去のトモコレのデータ

ひとまず、過去のデータを見てみることにしましょう。

何か手がかりが得られるかもしれません


トモダチコレクション
プラットフォームニンテンドーDS
発売日2009年6月18日
売上本数367万本以上
トモダチコレクション 新生活
プラットフォームニンテンドー3DS
発売日2013年4月18日
売上本数188万本以上


初代トモコレが発売されてからトモコレ新生活が発売されるまで、ブランクが約4年ありました。


そこからもう8年、最新作が出ないまま時が経っているのですね。


ちなみに、3DS本体が発売されたのは2011年トモコレ新生活は3DS本体の発売から約2年後に出ているわけです。


switchが発売されたのは2017年。もう4年も経っていますね。


そろそろ出してもいい頃じゃないですか、任天堂さん!!!!!



そもそも発売されるのか

先程から、switch版トモコレが発売される前提で書いていますが、そもそもswitchでトモコレが開発されることがあるのか。


これは結構な高確率で「発売される」と思われます(責任は取れませんけどね……!)。


DS、3DSと、任天堂は携帯ゲーム機で必ずトモコレをリリースしています。


switchは携帯機兼据え置き機という立ち位置なので、純粋な携帯ゲーム機とは言えないかもしれませんが、全く新しい中間機として既に世間に認められているのでそこは問題ではないように思えます。


トモコレと言ったら、DS版は350万本以上、3DS版は100万本以上を売り上げた化物タイトルです。

確実にミリオンセラーを達成できる見込みがあるわけですので、任天堂としても発売しない手はないでしょう。



結局いつ発売なんだ!?

正直ここまで焦らされるとは思ってもいませんでした。


switchが発売された2017年当時、「来年とかに出る可能性も全然あるよな」などとワクワクしていましたが、気付いたら時は2021年。


いまだ最新作の「さ」の字も耳にすることはありません。


さて、では結局のところいつ発売なのか。


それを考えるためにはまず、どうして発売されないかを考えるべきですね。


考えられる有力な理由はこの辺でしょうか。




開発に時間がかかっている

次回作となると、どういうシステムにするか、かなり苦悩することも容易に予想できます。


新生活の時点で結婚も子育てもできましたからね。

機能を追加するとなると、難しくなりますね……。



ユーザー層がどうぶつの森と被る

ゆるい雰囲気のシミュレーションゲームという点で、どうぶつの森とターゲットユーザーが被るため、「あつまれどうぶつの森」の発売からしばらく時間を置くという策なのかもしれません。



ハード性能の向上への対応

3DS版トモコレ発売時に、ゲーム機本体の性能が上がったためにあの独特の雰囲気を出すのが難しくなったということを開発スタッフの方が語ったそうです。


switch版となるとかなり難しいのかもしれません。


ハード本体の性能が向上しすぎたばかりに、ゲームの空気感が壊れてしまい、バランスを調整するのが難しいというのもなるほどなと納得してしまいますね。


Miitopiaが発売された

Miiを使ったRPGゲーム「Miitopia」が先日発売されました。


これによって、しばらくはMii関連のゲームは出ないという可能性も有ります。


しかし、Miitopiaが発売されたからのはトモコレへの布石といった見方をすることもできるので何とも言えないですね……。



時を待っている

僕的にはこれが一番可能性が高いのではないかと考えています。


あつまれどうぶつの森の発売から時間を置いているという予想と近しい点がありますが、任天堂の策略なのではないかと考えることができます。


考えられる理由の一つとして、Switchの普及を先におこなっているというのがあります。


「switchの出荷台数がある数値を超えたら」とか、「switchがDSのような爆発的ヒットハードになったら」というような、何かしらのタイミングを見計らっているのではないか、という予想もできます。


「開発は既に始まっていて、公開するタイミングを待っている」可能性が高いように感じます。


うーん、結局いつなんでしょう……。


いつ出てもおかしくない気はずっとしているのですが、その状態がもう4年近く続いていますからね。ぜんっぜんわからないですよね、こうなっちゃあ。


今年出てもおかしくないし、来年出てもおかしくない……!




どのような内容になるのか

気になるのが、その内容。


既にやり尽くした感も否めないほど、トモコレ新生活は豊かな内容となっていましたが、新作はどのような機能が追加されるのでしょうか。


結婚、出産、子の旅立ち…。あとは何だろう。


正直、僕にはまったくもって予想ができません。


オンラインで他のユーザーと同じ島に住むことができるとか、かなり革新的なことが頭をよぎってしまいますが、流石にそこまでは難しいような気もします。


その他、ゲーム設定の根幹を見直し、プレイヤー自身が島民となるスタイルも面白いかもしれませんね。従来の”そっくりさん”システムをなくすということです。


でも、そうなるともはやトモコレじゃなくなってしまう可能性もあるしなぁ…。



おわりに

以上、トモコレ最新作の発売時期と内容の予想でした。


あまり核心に迫るようなことを書けなくて申し訳ないのですが、今回はこういった記事とさせていただきます。


なお、この記事で書いたことは、一般人が自分なりに考えていることネットで見かけた情報をもとに執筆しているものであり、たしかな情報は一切ありません。


すべて憶測ですので、あくまでエンタメとしてお楽しみいただけたらと思います。




ゲーム
スポンサーリンク
この記事を書いたライター
ばすてい

2003年生まれの大学生。
初めての自炊でオムレツを作って食中毒になりました。

役に立たない不真面目な記事や、音楽、旅行、ガジェット系の記事をよく書きます。

ぜひフォローもお願い致します!
モロサレド

タイトルとURLをコピーしました